はじめての塾通い

中学受験を考え始めたのは娘が四年生のときでした。将来のことも考えて偏差値が高くないにしても、私立中学に入れた方がいいのではないかと思ったのです。娘にある中学のパンフレットを見せたところ、きれいな校舎やかわいい制服が気に入ったようで受験に乗り気になってくれました。

早速日能研に入ることに決めたのですが、

入塾のためには入塾テストがあるそうです…。今までろくな勉強をしてこなかった娘だったので、正直不安で仕方なかったのですが…

入塾テストの結果はなんとか合格することができ、娘は正式に日能研に通うことが決まりました!

いよいよ初めての授業。塾まで送っていきましたが、娘はガチガチに緊張しているようでした。

そして授業が終わったあとに娘を迎えに行くと、すごく笑顔でした。

どうだった?と聞いたところ、とりあえず先生はすごく楽しい授業をやっていたとのこと。

重要なのは授業のわかりやすさなんじゃないかな?とは思いましたが、とりあえずは塾に行くときの娘のあのガチガチの様子を見れば、「ま、いっか」と思ってしまうのは私の甘さですが。

とりあえず、はじめての塾通い、笑顔で終わってよかったです。

とりあえず、塾には安心して預けられるようになったので、次は成績上げるための勉強をしてくれよというのが母としての想い。